2005年05月03日

[シンバシの日記]図書館のススメ

いくらスペースがあっても足りない...という位に、本や雑誌はどんどん増えていきます。
お気に入りの本を、いつでも、好きなときに眺められるのはとっても幸せですが、いろいろなコトへ興味がモクモクと湧いてくなか、所有はできないけれどじっくり読みたい時、図書館をよく利用します。

図書館リンク集

美術館の図書室もとっても便利です。
もちろん美術や写真に関する専門図書の蔵書も豊富です。オンラインで検索することもできます。

東京都写真美術館 美術図書室

東京都現代美術館 美術図書室

一日いても飽きないです。

シンバシは図書館好きです。
posted by DMSシンバシ(管理人) at 22:12| Comment(5) | TrackBack(3) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

[シンバシの日記]TAKEO PAPER SHOW2005

4月14日から16日、表参道のスパイラルで「TAKEO PAPER SHOW2005」が開催されます。
毎年シンバシもとってもたのしみにしているイベントです。
綺麗な紙をみているとうっとりします。
一枚の紙の奥行きの深さにいつもいつも驚きます。
竹尾さんの見本帖本店は、平日に現実逃避したくなったときにフラッと立ち寄ってしまいます。
瞬間的にトリップできます。

身近な存在の紙、だんだんと遠のいているかもしれない紙、たまには紙を見つめ直してみると、やっぱり紙ならではの魅力と表現力の大きさに気付きます。
お近くの方は是非遊びにいってみてください。

紙とコスト COST:VALUE FILING 混沌のマネージメント HAPTIC 五感の覚醒
posted by DMSシンバシ(管理人) at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

[シンバシの日記]スクラップのススメ

シンバシはファイリング好きです。
思いでのチケットや、ガムの包み紙、破れた写真、ラブレター...心にとまったものをスクラップ。
そんな時間軸を持ったとっておきの1册は、時々眺めてはいくつもの物語りを空想させます。
うちにはこんなファイルブックがいくつも出来上がっています。
そんなひとりあそびにぴったりなファイルを見つけました。
コンパクトな思いで帳つくりにお役立てください。

取扱い説明書ファイル2冊セット
posted by DMSシンバシ(管理人) at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

[シンバシの日記]面白い雑誌が創刊されました

嫉妬と羨望でいっぱいのD&DEPARTMENT PROJECTから面白い雑誌が創刊されました。
d long life design(ディロング ライフ デザイン)

【主な執筆陣】
ナガオカケンメイ(D&DEPARTMENT PROJECT 代表)
山本雅也(デザインジャーナリスト)
深澤直人(NAOTO FUKASAWA DESIGN 代表)
高澤敬介(フリーランスエディター)
木村衣有子 (東京カフェ案内 著者)
コモエスタ八重樫 (DJ、ライター)

私はここの「d」という手作り感でいっぱいのフリーペーパーも大好きでした。
私がその小冊子を初めて手にしてから5年、すごい勢いで、そして丁寧にしみじみ着々と広がっていくD&DEPARTMENT PROJECTはやっぱりとても素敵です。
小さな幾つものはじまりが、内外でいろんなつながりや結びつきを生んでいく、たしかなコトバは、とても強い。

ナガオカさんの日記も、新しい言葉と初心に帰れるコトバでいっぱいです。 是非読んでみてください。

そうそう、ここはホテルプロジェクトもやってるんです。
やっぱり羨ましい。

ほんとは...
東京ホテルスタイルでも、そんな活動がしたいのです。
posted by DMSシンバシ(管理人) at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

[シンバシの日記]郵便局で見つけるアート

交通デザインブームに次いで、ヨーロッパのスーパーマーケットや切手の本が売れています。
国の文化の象徴である切手は、チープに入手できるアートです。
私も、旅行に行った際は、必ずその街の郵便局へ立ち寄ります。
もちろんスーパーマーケットも。
蚤の市で見つける一点ものと併せて、大量生産されているものや、公共のものにも目を光らせると、新しい出会いがあったりします。
スーパーマーケット・マニア EUROPE編
とびきりのおみやげがみつかる!日本のモノを見る目が変わる!
自らを「スーパーマーケットマニア」と称するカリスマ粘土イラストレーター森井ユカが、イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデンを中心に、ヨーロッパのスーパーマーケット雑貨をセレクト。ありそうでなかった、海外スーパーマーケット雑貨の本です。惚れ惚れするようなグッドデザインから、キッチュでジャンクなモノまで、各国の生活と国民性がにじみ出る逸品ラインナップを、オールカラー128ページでお届けします。国ごとに、各スーパーマーケットチェーンの位置付けが一目で分かる、分布マトリックス付き。装丁はビニールカバー仕様で、風呂読書にもビミョーに対応。
ロンドン・パリ・ベルリン・ストックホルム…おみやげを探しに、スーパーマーケットへ行こう! グッドデザイン雑貨が勢ぞろい。立体造形家の著者セレクトによる、見て、使って楽しいスーパーマーケット雑貨図鑑。
価格:¥1,890(税込)
MARKTE 1点モノの雑貨店、開店します。
巷の雑貨店では物足りない?そんな雑貨フリーク必見!あの、まぼろしの「MARKTE」コレクションが、ついに本になりました。
思い入れたっぷりの雑貨たちを追い求めて始めたヴィンテージ雑貨店は「すべて1点もの」がウリ。ベルリン&ワルシャワのレアなコレクションから選りすぐった逸品たちをカラー写真で紹介。今日を見逃したらもう出逢えない品々。
価格:¥1,890(税込)
Stamp stamp stamp Europe
「マルクト」の塚本太朗さんの新刊。ドイツ、チェコ、ハンガリー、スウェーデン・・とヨーロッパのデザイン切手が紹介されています。 集めたのは切手ではなく、色とりどりの逢いたいをぎゅっと載せた、誰かに伝えたい想い。日本ではまだまだ知られていないヨーロッパ各国の可愛い切手と郵便小物、アートワークの数々がぎっしりつまった一冊。
価格:¥1,575(税込)
posted by DMSシンバシ(管理人) at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

[シンバシの日記]easy traveler

easy travelerが届きました。

今号は「フォークロア」特集。
『フォークロア』という言葉をいちばんよく聞くのは、きっとファッションのテーマ。「民族っぽいモチーフ」とか、そんなニュアンスで使われることが多くて、とても親しみある言葉です。そして、遠くの人々の服装や暮らしへと想いを運んでいってくれるみたいな、民俗楽器の音のような響きもあるようで、なんだかすてきな言葉だと思いませんか?英語の意味を調べると、どうやら『民俗』という日本語がいちばんぴったりのようでした。このeasy10号では、「人々が伝え広めてきた良いもの」をたくさん取り上げて特集しています。
posted by DMSシンバシ(管理人) at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

[シンバシの日記]ドレミノテレビ

今号のAXISでふれられているのですが、
「ドレミノテレビ」は、私もとっても好きなテレビ番組です。

2004年のグッドデザイン賞を受賞しています。
ドレミノテレビは、小学低学年向けの音楽教育の番組。コンセプトは、音楽によるコミュニケーションの楽しさ、自己表現・自己解放の素晴らしさといった音楽の本質を感じること。番組には歌手UAが出演し、日本古来の童謡や唱歌を圧倒的な歌唱力と斬新なアレンジによって現代に蘇らせます。また、プロのパーカッショニストによる、動詞をキーワードにした番組オリジナルのワークショップも特色の一つ。正しい音程や歌唱法など、音楽の結果を提示する従来的な教育番組とは異なり、出演する素人の子どもがその場で生まれる音による生々しい音楽体験を通して、音楽的感覚を身体的・体感的に学んでいくプロセスを見せる画期的な番組です。

実は最初、UAのあの唄い方は子供はビビらない?なんて思ってしまいましたが、
「子供は子供っぽいものがきらい」 なんですね。

今号のAXISでは、2004年のヒット商品の「いかに構想されたか」に焦点をあて、事例と共にプロジェクトリーダーのインタビューが掲載されています。
事例研究:旭川市旭山動物園/NHK「にほんごであそぼ」「ドレミノテレビ」/シャープ「ヘルシオ」/スマイルズ「スープ ストック トーキョー」/デバイスタイル/ヴァージン アトランティック航空「アッパークラス・スイート」/アップル「iPod」)

ドレミノテレビはウェブサイトもとっても素敵なので是非あそびにいってみてください。
「ドレミノテレビ」ウェブサイト

CDもとってもゴーカです。
「うたううあ」
posted by DMSシンバシ(管理人) at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

[シンバシの日記]旅の思いで

今号のEsquireの特集は「 旅する写真家。」です。

旅と写真はきってもきれない縁。
私が旅と写真をはじめてから5年が経ちます。
当時の愛機は「LOMO LC-A」でしたが、
現在は専ら「CONTAX SL300RT*」 Click Here! です。
どちらも、持っているだけで旅のテンションが感じられ、
日常が非日常へ、非日常が日常へ、いつでも自在に行き来できる魔法のアイテムです。
omoide
posted by DMSシンバシ(管理人) at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

[シンバシの日記]文房具が好き

今号の広告は文房具特集です。心ときめく文房具がたくさん載っていて瞳がキラキラします。
私は下記の本などをめくりながらうっとりしているのですが、私のお気に入りの文具は、「ロンドン交通博物館」で買ったペンです。博物館の文具は面白いものが多く、つい買ってしまいます。

デザインステーショナリー やっぱり文具が好き!
毎日使いたくなる文具が600点以上も集合!最近ではデザインや機能性に優れたものも多く、見ているだけで楽しくなってしまうものばかり。ほかにもロングセラーとなっている定番文具や職人さんが作るハサミ、文豪が愛用していた文具ストーリーなど、文具好きでなくても読んでいて勉強になる企画も満載。文具好きはいっそう文具に愛着がわいてくると思います。「一生使いたい!」と思える文具との出会いもこの中にあると思います。
価格:¥1,260(税込)
文房具と旅をしよう
見たことない文房具・雑貨を探しに、フィンランド、スウェーデン、イギリス、フランス、オランダまで行って来ました。文房具好きの2人が、まだ見たことのない文房具を探しに北欧・ヨーロッパを旅した時に書きとめた日記のような、旅行ガイドのような1冊。エルコの紙製品、ダイモ、スーパーマーケットのビニール袋などを写真で紹介。
価格:¥1,680(税込)
文房具を買いに
日本有数の文房具フリークである著者が、万年筆、手帖、ノート、鉛筆、消しゴム、ダイアリー、インデックス・カード、押しピン、タイプライターなど、文房具の数々を愛情に満ちた文章とカラー写真で綴る。
価格:¥1,680(税込)
posted by DMSシンバシ(管理人) at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。